介護とリハビリのことがわかるサイト[介護リハビリNET]

介護リハビリNETロゴ

リンク募集      施設の登録      介護リハビリ

  

介護とリハビリ

介護とリハビリは非常に結びつきが強く、例えば脳障害などで手に麻痺が残った高齢の方の場合、全て介護サービスで食事介護を行うのではなくリハビリサービスを組み合わせて自分で食事ができるようにする事が必要になってきます。
高齢になり歩行が困難になった場合でも、同じようにリハビリを活用して、少しでも自分の行動を自分で出来るようにすることで、生きる活力を持ち続けることができるようになります。そうした意味でリハビリと介護はきってもきれない関係といえるでしょう。

介護とリハビリの種類

介護のリハビリには大きく分けて2種類のリハビリ方法があります。一つ目は訪問リハビリと呼ばれるリハビリで、介護が必要な方の自宅で行われるリハビリで自立支援のための療法が行われます。
もう一つは通所リハビリでリハビリのための器具などがそろった介護老人保健施設などに通ってリハビリを行います。通所リハビリでは設備が充実した環境でリハビリが行えるメリットがあります。
また訪問リハビリでは、ご自宅でリハビリを行うことができますので、自分のペースに合わせて機能の回復を行うことができます。

[介護とリハビリ]国の考え方

リハビリを行うときには、介護保険と医療保険が使えます。しかし両方の保険を同一に利用する事はできませんので、主に早期に機能回復を行うためのリハビリの場合には医療保険、高齢になり完全な機能回復が見込めない場合は、介護保険によるリハビリで生活に支障がないようなレベルまでのリハビリを行うといった区分けがされています。

介護保険の被保険者は?

満40歳以上の者が被保険者です。65歳以上を第1号被保険者といい、40歳から65歳未満の医療保険加入者が第2号被保険者です。原則として保険者(市区町村又は広域連合)の区域内に住所を有する者を当該保険者の被保険者とする。

リハビリセンターとは

各都道府県には、リハビリテーションを専門に行う施設があります。神奈川県であれば神奈川県総合リハビリテーションセンターです。この施設ではリハビリの専門スタッフが身体の機能改善をはじめとして、自立した生活を考えた支援を行うことが可能です。
医学的なリハビリテーションとして障害の予防や個別にリハビリ計画を立てて機能改善のために、医師、看護士、理学療法士、作業療法士などのスタッフが支援します。

介護保険でのグループホーム

グループホームは、認知症対応型共同生活介護と呼ばれるサービスとして介護保険の中で「居宅サービス」に位置づけられていています。


福祉施設の月額費用はどのくらい
介護サービスの費用や食事費用などの月額費用は施設によってまちまちです。

老人ホームは見学ができます。じっくり検討しましょう!
終の棲家として、有料老人ホームを検討しているあなた!立地条件は重要です。

温泉のあるホームを探してみよう!
お近くの有料老人ホームを探してみしましょう。

高齢化社会の定義は?
高齢化社会の定義では総人口に占める65歳以上の比率が7パーセント以上の状態を言います。

このサイトの管理について
グループホーム
老人ホーム
有料老人ホーム
老人保健施設
特別養護老人ホーム
copywright (c) 2010 介護とリハビリのことがわかるサイト[介護リハビリNET] All Right Reserved.
食事介助 通所施設  エステ体験  頭痛 治療